ライザップの糖質制限商品のチーズケーキがチーズケーキではない件 Lizap’s carbohydrate-restricted products

糖質制限食事

ライザップの糖質制限商品は人気ですよね。

 

前の記事でも書きましたが、糖質オフのカップラーメンは走り出したくなるくらい美味しかったです。

 

そして、今回ご紹介するのがこの商品

 

プルルルルル  ズバーン!  (ヒカキン風に)

 

 


ライザップ濃旨チーズケーキ

ライザップの濃旨チーズケーキ

なんと!糖質はたったの9.1g

 

はい栄養成分表

栄養成分表示

こんな感じです。

書くのが面倒なんて写真から情報を得てください。

 

では早速食べてみましょう。

カップに入ったチーズケーキの蓋を開けたところ

オープンザ夢の扉

 

スプーンでチーズケーキをすくっている

とろけるようで、かつシットリとした滑らかな質感

 

食べかけのチーズケーキ

パクっパクって一気に二口食べたところで気付きました。

 

 

これってケーキじゃなくね?

 

 

そもそもケーキってこれじゃない?

チーズケーキ

 

これはプリンじゃないの?チーズ味のプリンだよね?

スプーンにのっているチーズケーキ

 

コンビニのチーズケーキって、誰もつっこまないからと言ってしれーとカップに入れて販売してるけどさ

 

それ、ケーキじゃありませんから!

 

と思いながら食べた結果、めっちゃ美味しかったです。

 

これもリピート確定。

 

 

念のためケーキの定義をみんな大好きウィキペディアに聞いてみた

 

ケーキ英語cake /kéɪk/)は、洋菓子の一種。

日本語で単にケーキというと、一般には、スポンジケーキにクリームを塗り果物を載せたものを指すが、広義では、チーズケーキやフルーツケーキなどクリームも果物も載せないものや、クッキーを砕いた土台の上にクリームチーズの生地を敷き、冷やして固めたレアチーズケーキなど、様々な種類を指すこともある。多くのケーキは何らかの穀物の粉末(多くは小麦粉)、結着剤(多くは鶏卵や小麦粉に含まれるグルテン)、油脂植物油バターラードシュマルツなど)、水分(牛乳バターミルク、果物のピュレーなど)、膨張剤(酵母、重曹、ベーキングパウダーなど)を配合して作られる。また、欧米では焼き菓子のことを広く「ケーキ類」を示す語で指す。

なお、英語の用法では密度の高い食感の固形の食べ物や、石鹸などといった食品以外の固形物をcakeと呼ぶことがある。例としてはフィッシュケイク(fish cake=蒲鉾)、ライスケイク(rice cake=)、イエローケーキ(yellow cake=ウラン精鉱の別称)などがある[1]

店頭で販売されるときは、「ホール」単位、あるいは切り分けられて「ピース」単位で販売されることが多い。

 

 

結果、ケーキでいいみたいですね。

Holler Box