ヒライの弁当のおすすめメニュー「馬ホルモン焼きうどん」を食べてみた感想  Recommended menu of Hirai lunch

水2L欲しいくらい ご飯にかけてちょうどよいくらい 食後に猛烈に甘いもので中和したくなるくらい 非糖質制限

熊本のソウルフードといえば、「ちくわサラダ」ですね。

ちくわサラダ(弁当のヒライ)は熊本名物、ソウルフードとして県民に愛し続けられている!Chikuwa salad of Kumamoto specialty
今回は、熊本のソウルフードのちくわサラダを徹底的にご紹介します。熊本の人はもちろんご存知、ヒライの弁当。成人の方の認知度は99.99999999%と言ってもいいでしょう。イートインコーナーも充実してお昼時は大繁盛していますね。持ち帰りでもその場でも食べれるし、郷土料理もたくさんあるので帰省したときは結構活用しています。最近では、知る人ぞ知る観光客にも人気のようですね。

 

そのちくわサラダの発祥の地であるのが「ヒライの弁当」、これは熊本県民なら誰でも知っていることです。

べんとうのヒライ外観

今回の記事は、ヒライの弁当のイートインコーナーで食べられる新メニュー「馬ホルモン焼きうどん」を食べてきたのでレポートします。

 

 


馬ホルモン焼きうどんとは?

見せたほうが早いですね。

 

これです↓

 

馬ホルモン焼うどんのポスター

入り口のドアにバ〜〜ンとアピールされています。

 

どれくらいアピールされているかと言うと…

のぼり

店外に旗が立つくらいアピールされています。

 

馬ホルモン焼きうどんを食べてみた。

メニュー

今回、注文したのは生たまご付き(+50円)合計650円

 

券売機

券売機で注文すると、注文データが厨房に行って出来上がりを待つシステムです。そうです高速のサービスエリアのフードコートシステムです。

 

お渡しカウンター

おばちゃん数人が一生懸命作ってくれています。

 

 

待つこと約5分…

 

 

できました!

 

馬ホルモン焼うどん

熱々のプレートから湯気が出まくって中々エキサイティングです。

 

では食べてみましょう!

 

 

っとその前に、こんな炭水化物の塊を食べる前は血糖値を上げにくくするサプリを飲んでから食べます。

 

手にメタバリアを4粒のせている男性

トクホのドリンクに入っている主成分の一つの難消化性デキストリンのサプリメントです。

 

お試し2週間分が540円でもらえるので携帯用に持っていると便利ですよ。

 

 

箸で焼うどんの麺を持ち上げている

では、改めていただきます!

 

 

一口目の感想…『あっつ! 濃い〜 でもめっちゃおいしい!』

 

 

馬ホルモン

続いて、メインの馬ホルモンです。こんなのが6〜7個ゴロゴロっと入っています。

 

馬ホルモンの感想…『肉厚で噛みごたえがあって美味しい。ホルモンを食べて言うのもなんだけど、若干ホルモン臭い。ホルモン独特のクセと言えばそれまでなんですが、なんとなくクセが強い…。フォローするならクセになる味。』

 

焼うどんに生たまごが乗っている

オプションの生たまごを落としました。

 

玉子の黄身を箸で潰している

グジュグジュって混ぜます。

 

玉子が絡んでいる焼うどん

鉄板の予熱と麺と絡まってたまごがいい感じに煮えます。

 

こうなると、無敵です。

 

たまごはなににかけてもおいしいですからね。

 

焼きうどんにかけてまずいはずがありません。

 

もちろん一口残さずいただきました。

 

その他のメニューもおいしいですよ。

【熊本】べんとうのヒライの最新メニュー【2018年10月現在】
この記事では、熊本の『べんとうのヒライ』の最新メニューを載せてきますね。ヒライの記事は↓にもあるのでご一緒に読まれてくださいね。ヒライの弁当の外観店内惣菜コーナーの商品は持ち帰りもイートインで食べることも出来ます。券売機で注文すると厨房に自動的にデータが行きます。イートインのテーブルで食べることが出来ます。イートインはこんな感じです。メニュ

 

最後に

箸で馬ホルモンを持っている

タレがとてもおいしかったのですが、とにかく味が濃かったです。

 

どれくらい濃かったかと言うと…

 

  • 水2L欲しいくらい
  • ご飯にかけてちょうどよいくらい
  • 食後に猛烈に甘いもので中和したくなるくらい

 

 

でも、総じておいしかったですよ。 ここでうまかったですなんて言ったらヒライの弁当に負けた気がするので、この記事では一切うまいという表現はせずにお届けしました。

 

熊本の人も熊本に用事がある人も、熊本名物の馬の焼きうどんを食べてみてはいかがでしょうか?